gold tray

vol.4 わからないことが魅力なトレー

ある日骨董市で、ぴかぴかに光るトレーを見つけました。

合金にゴールドプレート?刻印もなく、製品だとすればあまりにそっけなく、何かが足りない変な感じ。とにかく詳しいことはわかりませんが、そのよくわからない感じこそがこのトレーの魅力に思います。傷や染みなんかもありますが平気です。

 

よくわからないと感じるものは、お値段が見合えばとりあえず買ってしまうことが多いです。好きなのか嫌いなのか、よくわからない理由を突き詰めるのには少し時間がかかるので、買ってから考えてみる。

仕事という名目がないと、なかなかこういうお買い物はできないのかもしれません。仕事じゃないと見つけられない学びや出会いは、確かにたくさんありますね。

関わりたいと思える人がいるから、続けることができること。