chinese spoon

vol.5 自由なレンゲ

レンゲと呼んでいるが、正式には散蓮華(ちりれんげ)。蓮華の散る花びらに見立てられたようです。

みなさん、家でレンゲ使っていますか?わたしの実家では、もっぱらお鍋用でした。ポン酢を薄める出汁をすくう為、食卓にひとつ陶器製の大振りなレンゲが出されていた程度。こうしてわたしは、家庭を持ってからもレンゲを買ったことも探したこともなく、今回初レンゲであります。

中華料理屋さんなどで出される磁器のレンゲは、厚みがあり大きくて口を不自然に開けることもしばしば。このレンゲは薄手で細身なところが良いと思いました。あとは不安定なフォルムもグッドです。大きさにもバラつきがあり、持ち手が少し傾いていたり。

量産にはないいびつさというものこそ魅力に感じるなんて、現代の無いものねだりですね。均一に作る方が、どれほど難しそうなことか。こんな感覚も、振り返れば大きな時代の流れのひとつに過ぎないのでしょうか。

(写真の商品はsold)